2015/07/09

【万年筆】PILOT kakunoパイロットカクノで国産万年筆のよさを知る

LAMY Safariで万年筆のとりこになったaoitoriです。

万年筆は高価だという思い込みを持っていたのですが、LAMY Safariがその思い込みを打ち砕いてくれました。
そして、国内メーカーでも安価で使いやすい万年筆があると知り試してみました。

今日は、そのひとつ、PILOT kakunoパイロットカクノをご紹介します。

こどもだけじゃもったいない!大人の入門万年筆としてもオススメのPILOTカクノ

LAMY Safariで線の細さといい、書き心地といい、デザインといい、ほぼ全てに満足だったのですが、海外製の万年筆はアルファベットを書くために作られているから太い。日本語を書くなら国産万年筆が最適だ。という口コミを耳にし、国内メーカーの万年筆も気になりはじめました。

そこで見つけたのがPILOTlのカクノです。

万年筆 カクノ | 筆記具 | 万年筆 | 万年筆 | 製品情報 | PILOT

デザインの可愛さから、こども用との印象を受けますが、実は本格派です。

何が本格派かというと、

  • ペン先が¥3000クラスのコクーンやプレラと同じ
  • カートリッジ・コンバーター両用式

という点です。

万年筆の命ともいうべきペン先ですが、ここの作りがいい加減だと万年筆特有のヌラヌラ・スラスラとした書き味を味わえません。
カクノのペン先は特殊合金製で、いわゆる鉄ペンですが、同じくPILOTの入門万年筆として人気のある¥3000クラスのコクーンやプレラと同じペン先が使われています。
国産万年筆の書き味を安心して味わえます。
このペン先が¥1000台で手に入るなんてお得すぎます。

また、低価格の万年筆はインクカートリッジしか使えないタイプも多いのですが、カクノはカートリッジ・コンバーター両用式で、インクカートリッジのみならず、コンバーターも使えます。
万年筆を使いはじめると、そのうちインクにもこだわりたくなります(経験者談(笑))。
一緒にコンバーターも買っておくといいでしょう。
ちなみに適合コンバーターは、プッシュ式のcon-20と回転式のcon-50です。

Fで十分満足な細さ!国産万年筆の使いやすさを知る

一番はじめに入手したモンブランの万年筆は字幅が太いことが原因で、普段使いをできずにいました。

そこで、LAMY Safariは、一番細いEF(極細字)を購入したのですが、PILOTカクノにはF(細字)・M(中字)の選択肢しかありません。

LAMYより太かったらいやだな・・・と思いつつ、Fを購入。

結果、大正解でした。

カクノのFは、LAMY SafariのEFと同じくらいの字幅でした。

LAMY Safariの方は、インクフローは絞られていてペンポイントが大きめ、
対するPILOTカクノは、インクフローが潤沢でペンポイントが小さめ、
結果として同じくらいの字幅になる、
という印象です。
(あくまで素人が書き味から判断した印象です。実際の構造は違うかもしれません。)

入れるインクにもよると思いますが、純正インクの場合、ボールペンの0.5〜0.7くらいの太さで十分手帳やノートに普段使いできる細さです。

これを機に国産万年筆の魅力に取り憑かれたaoitoriでした・・・

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

いつも応援ありがとうございます: )