2015/10/27

【幅狭靴】足と靴のお店ポディアへ行ってきましたー靴の受け取り

ポディアでオーダーしてから約1ヶ月、無事に初めてのパラマウント靴、コンフォートボロネーゼが手元に届きました。

今日は、靴の受け取りの様子をお伝えします。

オーダーから約1ヶ月、出来上がりの電話をもらい、再びポディアへ

初めてポディアへ行き、初のパラマウント靴をオーダーしたのは9月の初め頃。

出来上がりまで1ヶ月くらいと伺っていたのですが、少し早めの9月の終わり頃に出来上がりの電話をいただきました。

電話をいただいた翌日、さっそくお店へ取りに行きました。
出来上がったものを実際に履いて、必要があれば調整もしていただけるので、できればお店まで取りにいった方がよさそうですが、自宅等に配送していただくこともできるそうです。

いよいよ実物を試着

お店に着いてオーダーしたものとご対面、さっそく試着です。

「はじめはきついと思いますよ。」とのフィッターさんのお言葉通り、前回試着したものより革が硬く、若干きつく感じました。

また、右足のかかとの内側が靴に当たる感じがしました。
前回は全く感じなかったのに・・・です。

これは、aoitoriの足が右に傾いているのに対し、靴の方はまっすぐにさせようとするため当たるのだということ。
同じ理由で左足の小指側も痛くなるかも・・・と教えていただきました。

足を見ただけでどこが痛くなるかまで見抜いてしまうなんて・・・
これぞプロですね〜。

痛みは我慢できないほどではないし、靴にも頑張ってもらってまっすぐに立てるようになりたい!との思いから、今回は手を入れずにそのまま持ち帰ることにしました。

「痛かったらあまり我慢しないで見せてくださいね。」とのお言葉が心強いです。

「買って終わり」の靴屋さんではないんだと実感しました。
永くお付き合いしたいお店です。

前回も今回もaoitoriが足を見てもらっている間は他にお客さんはいなかったのですが、両日ともaoitoriと入れ替わるタイミングで他のお客さんが来店していました。

やはり、フィッティングを受ける際は予約必須ですね!

次回は、受け取ったコンフォートボロネーゼの履き心地をレビューします。

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

いつも応援ありがとうございます: )