2016/01/20

【万年筆】モンブラン146ボルドー

こんにちは。aoitoriです。

東京ではいったん溶けた雪がふたたび凍ってツルツルしている部分があります。

引き続き足元にはお気をつけください。

さて、今日は以前ご紹介したモンブラン3兄姉妹のうち、お姉さん146ボルドーのお話です。

モンブランのボルドー軸が好き

img_3617_24494252805_o.jpg

突然ですが、aoitoriはモンブランのボルドー軸が好きです。

ブラックというカラーは好きだし、他のアイテムや他社の万年筆ではブラックとボルドーがあったらブラックを選ぶことが多いのですが、モンブランだけは別です。

渋すぎもせず明るすぎもしない、絶妙なこの色味が好きです。

絶妙のタイミングでやってきて国産細字からの脱却のきっかけに

こちらの146ボルドーは論文用万年筆として購入しました。

当時は「論文は絶対国産細字。それ以上太いと漢字が潰れて書けない!」と思っていました。

そのためEFを希望していたのですが、在庫があるのはF。

しかし、ただでさえ希少なボルドー軸。これを逃したら次はいつになるかわからないっ!と勢いに任せてポチッとしました。

img_3608_24198702220_o.jpg

最近のモンブランやペリカンの万年筆は字幅が太すぎるけど、少し前のものならもう少し細いんじゃないか?という目論見もあり。

結果としては目論見通り。
はじめはフローが渋く、145のEFよりも細いくらいでした。
国産万年筆だとF〜FMくらいでしょうか?

しかし、ペンポイントがずれていて書き始めで必ずスキップするので、微調整。

スリットを広げてインクフローをよくし、ペンポイントを揃えました。

結果として、字幅は太くなったものの、書き味はスルスルとなめらかで大満足!

これくらい太くても漢字が書けるということもわかりました。

そして、ペンポイントが大きいと紙あたりが優しく、線を引くときもカリカリしにくいということにも気づきました。

img_3615_23867458173_o.jpg

この後、ちょっとした出来心でこの146が残念なことになってしまうのですが、そのお話はまた今度。

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

▼購読はこちらから; )

いつも応援ありがとうございます: )