2016/05/25

【書斎】低身長の人にも合う!机と椅子

こんにちは。aoitoriです。

先日、机の高さを調節したという記事を書きましたが、身長151cmのaoitoriにとって、自分に合ったサイズに調整できる机、椅子を探すのはなかなか大変でした。

なので、今回はaoitoriも使っている低身長の人にも合わせられる机、椅子をシェアします。

60cm前後まで下げられる机が少ない

aoitoriの身長は151cm。
人間工学に基づいた計算式によると、最適な机の高さは63cmです。

しかし、一般的な机の高さは70cm。
高さ調節機能つきのものでも70cmより低く、できれば60cm前後まで下げられるものはなかなかありません。

子ども用の学習机も選択肢に入ってきますが、棚とか引き出しとかがついてゴツくなるものは避けたかった。
となると、値段も踏まえてほぼ一択でした。

aoitoriが使っているのはこちらのSサイズです。

自分で脚を天板につける必要がありますが、ネジ穴も開いていて、電動ドリルでチャチャっと組み立て可能です。

高さ調整は六角レンチで。
90°に倒せば高さ調整できます。
天板は重いですが、慣れれば1人でも机を倒したり起こしたりして調整できます。

1番低くすると56.5cm位で、そこから約2.5cm間隔で調整できます。

aoitoriは、2番目に低い59cmで使っていましたが、先日一段上げて61.5cmにしました。

最大で77cmまで上げられるようなので、背の高い人にも合わせられますね。

40cmより低くできる椅子も少ない

人間工学に基づいた計算式によると、aoitoriに最適な椅子の座面の高さは37cmです。

しかし、一般的な椅子の座面の高さは40cmで、高さ調整できるものでも40cmから上げることはできるものの、下げることができるものはほとんどありません。

足置きを使うというのも一つの手ですが、長時間座っているときって、足も結構動かすので、やっぱり足が床に着いたほうが楽なんですよね。

そしてがんばって探したのがこちら。

セイルチェアは39cmまで座面を下げることができます。

計算上の最適な高さは37cmですが、セイルチェアで1番低くして足が床にべったり着くので快適です。

前傾チルト機能があるところも気に入っています。

自分の体格にあった環境は楽

これらの机、椅子を導入する前は、一般的な70cmの机に一般的な高さ調整できる椅子を使っていました。

その頃は、椅子の高さを上げて机と椅子の関係を合わせ、足は椅子の脚に乗せるというスタイルで、肩や腰に負担がかかっていました。

VIRCOのテーブルとセイルチェアを導入してからは、家の中で1番居心地がよく、意味もなく机の前にいます。
肩こりも楽になりました。

低身長の方の机、椅子選びの参考になれば幸いです。

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

いつも応援ありがとうございます: )