2017/01/20

【ハイホームで磨いています】焦げ付き汚れにはハイホーム×不織布たわしが最強

おはようございます。aoitoriです。

クレンザー系万能洗剤、ハイホームを使って家中のあちこちを磨いています。
今日は、キッチンの焦げ付き汚れについてです。

IMG_4590.jpg

長年かけて蓄積した焦げ付き汚れは落ちるのか・・・

キッチンシンクの水垢と同じく、長年かけて蓄積してしまったキッチンコンロの焦げ付き汚れ・・・

IMG_4584.jpg

一時期は満遍なく焦げ付き汚れがついていたので、全体がマットな黒い質感。
そういう素材だと思っていました。

しかし、重曹で磨いてみたら同じ黒だけど、艶ありの部分が出現しました。

それを機に、マットな部分は焦げ付き汚れだと気付き、なんとかできるものならなんとかしたいと思っていました。

しかし、重曹ではこれが限界。
艶ありと艶なしのまだら模様に。

ハイホーム×不織布たわしにかけてみる

そんな折に我が家にやってきたクレンザー系万能洗剤、ハイホーム。

ハイホームを購入したきっかけは、キッチンシンクの水垢落としのためでしたが、焦げ付き汚れにも強いらしく。

キッチンのコンロにも使ってみました。

すると、シンクの水垢には有効だった歯ブラシを使っても、いまいち・・・

ハイホームがだんだん茶色くなってきて、焦げ付き汚れが落ちてきているのは感じるのですが、水で洗い流すと、目に見えて綺麗になった感じはしない。
この方法で焦げ付き汚れを落としきるのは、気が遠くなります。

そこで買ってきたのはナイロン製不織布たわし↓

IMG_4588.jpg

ヤカンを磨いた記事でご紹介しましたが、実は主な目的はこちらだったのです。

ヤカンでは、消しゴムで消すように落ちた焦げ付き汚れですが、こちらはそう簡単にはいきません。

一番汚れがひどく、全体がマットな黒になっていた真ん中の小さいものを磨いてみたのですが、艶ありの部分がなかなか出てきません。

一旦、艶あり部分が出てきている大きい方に替えて、磨いていきます。

すると、落ちる落ちる!

汚れがあってもなくても黒くて分かりにくいのですが、ハイホームの泡を手で拭ってみると、艶ありの部分の範囲が広がってきているのが分かります。

一箇所、焦げ付き汚れが落ちた部分を作ったら、そこをとっかかりに範囲を広げていくとやりやすいです。

そして、不織布たわしも磨耗してくるので、手応えを感じなくなってきたら面を替えます。

そんなこんなで磨くこと1時間。
手と腕、腰の限界を感じ終了です。

IMG_4590.jpg

いやー、頑張りました。
そして、落ちました。

IMG_4591.jpg

点々と灰色に見えている部分が焦げ付き汚れの残りです。
もう一回磨けば落とし切れそうです。
これが全体を覆っていたと思うとオソロシイ・・・

キッチンシンクの時は、乾かす感じでハイホームをたくさん使いましたが、今回は水分を含ませつつ、ハイホームの使用量はごくわずか、全部で10円玉くらいの量でした。
ザラザラした不織布たわしを使うので、程よく摩擦を軽減した方がやりやすいからです。

落ちないと諦めかけていた汚れが落とせてスッキリです。
でも、できればこんな作業はしたくないので、今後はいかに汚れをためないか、を模索していきます; )

▼キッチンのお掃除の参考に; )
ブログ村テーマ
掃除・掃除・掃除ー♪
掃除
掃除・片付けのコツ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き
楽しいキッチン♪

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

▼購読はこちらから; )

いつも応援ありがとうございます: )