2017/01/29

【衣類の断捨離】季節の真ん中で衣類を見直す。今使っていないものは必要ない

こんにちは。aoitori(@simpleaoitori)です。

冬も真っ只中ですが、冬物衣類の見直しを行いました。

衣類の見直しのタイミング

衣類を必要な分に保つにあたり、見直しのタイミングはシーズン中、2回あると考えています。

1回は、季節の終わり
消耗して来シーズンは使わないものを手放します。

そして、もう1回は季節の真ん中です。

季節の始めや終わりは、今シーズンあるいは来シーズン使うか使わないか、という予測に基づいた判断を行うことになります。
それは予測なので、当然実際のところとズレが出てきます。

なので、季節の真ん中で、今使うのか使わないのか、を判断することで、より必要なもののみに絞ることができるのです。

靴下の重ねばきを卒業

ということで、冬物衣類の見直しを行いました。

今回手放すのはこちらです。

IMG_4665.JPG

重ねばき用の5本指ソックス。

今年の冬はファルケのウォーキーで過ごしています。

【靴下も冬仕様に】定番カラーのボトムスと合わせるからこそ

おはようございます。aoitoriです。 冬物のボトムスは ほぼユニクロの3着 で決まりました。 それに合わせて、靴下も冬仕様に入れ替えです。

www.simplelife-aoitori.com

重ねばきをしなくても、足が冷たくならないので、重ねばき用の靴下は不要になりました。

十分活用できなかったことを反省しつつ手放し、靴下の重ねばきからも卒業します。

▼少ない服でおしゃれを楽しむ参考に; )
ブログ村テーマ
30代のファッションと毎日。
シンプル・ミニマルライフのファッション
少ない服で着回す
少数精鋭で着回すコーディネート

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

▼購読はこちらから; )

いつも応援ありがとうございます: )