2017/07/16

【正しいスニーカー選び】三茶スニーカーさんへ行ってきました

おはようございます。aoitoriです。

先日、フォーマル用に常備していたパンプスが履けないことに気づき、シューフィット神戸屋さんに駆け込みました。
そこで、「まずは正しいスニーカー選びから」と、三茶スニーカーさんという靴屋さんを紹介していただきました。

早速お邪魔してきたので、その時の様子をお伝えします。

三茶スニーカー、クールだけど熱い店長さん

先日、子どものピアノの発表会にパンプスを履こうと、試しに、フォーマル用として常備していたパンプスを履いてみたところ、痛くて30分も履いていられないことが判明しました。

そこで慌てて駆け込んだのが、「靴は売らない靴屋」シューフィット神戸屋さんです。

【足の悩み】パンプスが痛くて履けない!慌ててシューフィット神戸屋さんに駆け込みました①
【足の悩み】パンプスが痛くて履けない!慌ててシューフィット神戸屋さんに駆け込みました②

そちらで、履いていたスニーカーのサイズが合っていないことを指摘され、スニーカー選びならここ!と紹介していただいたのが、三茶スニーカーさんです。

早速行ってきました。

三茶スニーカーはクロスプレイが展開する三軒茶屋のお取り寄せが得意なスニーカー専門店、靴業界20年の店長が様々なネットワークでお探しのスニーカーを探します!

場所は、三軒茶屋。
駅から徒歩5分ほど。
商店街の並びにあります。

規模的には、町の商店街の靴屋さん、です。
が、品揃えはパトリックやニューバランス、スピングルムーブ、メレルなど、こだわりのブランド揃いで、商品の陳列もおしゃれ、お店のこだわりを感じます。

店内には、店長さんが一人。
お客さんの出入りは、平日昼間にもかかわらず、ちょくちょくありました。

シューフィット神戸屋さんのLuluさんから、「店長感じ悪いけど」とお話を伺っていたのですが、その通り(?)、お店に入っても、声をかけられることはありませんでした。

しかし、「シューフィット神戸屋さんから紹介していただいて来ました」と声をかけると、「これ履いてみて」と、すっとスニーカーを出してくださいました。

こういった接客方法については、ポリシーがあるそうで、その理由、詳しいお話も聞かせていただきました。
もちろん、神戸屋さんからの紹介でなくても、スニーカー選びの相談には熱く応えてくださいます。
お手伝いしていただきたい場合は、積極的にお声をかけましょう。
決して、感じが悪いわけではありませんのでご安心を(笑)

計測などは一切なし!要望を伝えて店長オススメのスニーカーをどんどん試着すべし

三茶スニーカーさんでは、足の計測は一切しませんでした。

その理由も詳しく聞かせていただきました。
簡単に言うと、メーカーによってサイズ表記がまちまちなので、実際に履いてみて合うか合わないか確かめてほしい、とのことでした。

一番初めに出されたスニーカーは、パトリックのスタジアムでした。
神戸屋さんから来たお客さんにはスタジアムをお勧めしているそうです。

サイズについて、「今いくつ履いてるの?」と聞かれ、「23cmなんですけど、きついような・・・」なんて、もごもご言っていると、36(23cm)を出してくださいました。

履いてみて、「親指当たってるよね?」と。

確かに痛いほどじゃないけど、親指が当たっていました。
私にとって、割と普通のことだったのですが、これは靴が小さい証拠だそうです。
親指が当たらない靴を選ぶのが、正しいスニーカーの選び方のようです。

「同じメーカーでも、形によって違うから」とサイズでいうと36や37、形はスタジアム、アイリス、などなど、何足も履かせていただきました。

「色は白で、できれば革素材のものがいいんですけど・・・」と伝えると、その条件に合ったものを出してくださいます。

幅狭足だから、シュリー、かと思いきや、シュリーは一度も出て来ませんでした。
理由をちゃんと聞けばよかったのですが、おそらく靴紐の締めやすさ、を考慮しているのではないかと・・・
出していただいたものは、ナイロン素材や柔らかい革素材で、靴紐をギュッと締めることができました。

「底が厚いものがいいと思うんだよね」ともおっしゃっていました。

とにかく、余計な先入観を持つことなく、言われるままに試着してみるのがオススメです。
店長さんは、そのメーカー、型番の特徴を熟知されているので、譲れないポイントを伝えたら、お任せするのが一番かと。

逆に、店長さんの方も柔軟で、スタジアムじゃなきゃダメ、といったことでは全然なく、いろんな形を出してくれました。

また、パトリックだけでなく、スピングルムーブにも興味があると伝えると、スピングルムーブも出してくださいました。

幅狭スニーカーとしてまだ名前の上がってきていないスピングルムーブですが、幅は細めでオススメだと思います。

ただ、いちばんの定番のSPM-110のような、ローカットのものだと、かかとが浅めで、かかとが小さい人はパカパカしてしまうだろうとのこと。
SPM-442のような、ミドルカットのものがオススメ、とのことでした。

これじゃなきゃダメ!と決め付けることなく、でも、これは注意が必要、という点をしっかりと伝えてくださる、そういった接客態度がまさにプロだな、と思いました。

やっと合うスニーカーを手に入れた!

で、結局何を買ったのかと言いますと・・・

ジャジャン!

IMG_5227.jpg

新たに購入したのは、右側、パトリックのアイリス シェルです。

左側は、当日履いていったビルケンシュトックのアランです。
靴紐をかっこよく結び直していただきました。

そして、もう一つ、改造ポイントが。
上の写真でお分かりでしょうか?(笑)

ここです↓

IMG_5228.jpg

ビルケンシュトックにパトリックのインソール。

IMG_5229.jpg

パトリックにビルケンシュトックのインソール。

インソールを入れ替えていただきました。

ビルケンシュトックの23cmはサイズが小さい、でも、インソールを薄いのに変えれば、履けるんじゃない?と。
パトリックのアイリスのインソールは薄いので、ビルケンシュトックにパトリックのインソールを。

反対に、パトリックの方は、サイズは合っているけど、つま先の方にパコパコ感があるので、厚いビルケンシュトックのインソールを。

インソールを入れ替えるなんて、思いつきませんでした。

インソールでも靴紐でも、どんどんカスタマイズしてつかってほしい、というお話でした。

最後に、アイリスを履いたところ。

IMG_5230.jpg

こんなに大きなサイズの靴を履くのは初めてです。

さらに、靴紐をぎゅっと絞って履いているので、とても細長く見えます。

靴の中で足指が伸びるという感覚がようやくわかりました。

そして、そういう靴を履くと、自然と足指を使って蹴り出すことができるということも。

この感覚がわかると、ある程度、自分でも、合う靴を探すことができるようになると思います。

足、靴でお悩みの方、まずは一度、プロの目で見ていただいてはいかがでしょうか?

関連記事

【足の悩み】パンプスが痛くて履けない!慌ててシューフィット神戸屋さんに駆け込みました①
【足の悩み】パンプスが痛くて履けない!慌ててシューフィット神戸屋さんに駆け込みました②

▼特に靴は少数でいいから自分に合ったものを持ちたい!そんなとき参考になるブログ村テーマです; )
靴、シューズ
シンプル・ミニマルライフのファッション
ミニマリストの持ち物

▼ひとつひとつのモノ選びを丁寧に。シンプル・ミニマルライフに関するブログ村テーマです; )
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルで豊かな暮らし
シンプル・ミニマルライフ

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

いつも応援ありがとうございます: )