2018/04/01

我が家の布巾はこれで決まりだ【びわこふきん】

おはようございます。aoitoriです。

前々から使ってみたかった「びわこふきん」。
やっと使うことができて、噂に違わぬそのよさに納得です。

吸水性を求めて

みなさま、キッチンにおける布巾、どのようにお使いですか?

我が家では、同じふきんを複数枚用意し、テーブル拭きからキッチン周りの拭き掃除、洗った後の食器拭き、さらに、水切りかごをやめてからは、洗い物の下に敷くものとして、幅広く使っています。

一度の食事で2〜3枚使用し、食器拭きや洗い物の下に敷いたものなど、もう一度使えるものはもう一度使って、汚れたものは軽く水道で洗って、洗濯機へ、という運用です。

これまで使っていたのは、無印良品の落ち綿ふきん。

特に不満はなかったのですが、食器拭きの際は、いまいちよく水分を拭きとれず。

布巾ってそんなものだろうと思っていたのと、めんどくささも相まって、食器拭きをしないことが多い今日この頃でした。

しかし、シンプルライフ界隈のブログ等でちょくちょく目にする、「びわこふきん」。

吸水性がものすごくいいらしいと聞きつけ、今までの布巾が傷んで薄汚くなってきたのを機に、買い替えてみました。

レトロなパッケージに釘付けです(笑)

IMG_6061.jpg

その実力は・・・

開けてみて驚いたのは、その白さ。

蛍光剤は不使用とのことだったので、白を選んだものの、やや生成りっぽいものが来るのかな、と思っていたら、本当に真っ白でした。

IMG_6063.jpg

厚みは、薄手のタオルくらい。

太い糸で織られています。

タオルでもない、手ぬぐいでもない、これまでお目にかかったことのない不思議な布感に、期待が高まります。

糊付け等もされていないとのことなので、水通しもせず、そのまま使ってみました。

いつも通りの使い方で、キッチン周りやテーブルを拭き拭き。

まず濡らした時の感覚が不思議でした。

よく水を吸うのに、固く絞りやすい。

拭くときも、固く絞っているのに、しっかりと面に吸着して、拭き残しなく拭けます。
拭いた面もスッと乾きます。

そして、洗うときもびっくり。

キッチンのガスコンロ周りを拭いたのですが、ちょうど子どもが醤油をこぼしてそれを焦げ付かせてしまっていました。
ちょっと掃除をサボっていたので、油汚れも混じり・・・

そんな、新しい布巾で拭くのはためらわれるガスコンロ周りを拭いた後も、お湯で手洗いすると、元通り真っ白に!

汚れがよく落ちる、というのが謳い文句の化学繊維系の台拭きを使っていたこともあるのですが、それと比べても、比べものにならないくらい、するりと汚れが落ちます。

そして、期待していた、食器拭きとして。

これも期待通り、食器の水分をしっかりと捕まえてくれます。

複数の食器を同じ布巾で拭いていると、あっという間に布巾が水浸しになって、拭ききれないですよね?

それが、4人分の食器を、最後まで、キュッキュッと拭き取れてしまいました。

この気持ちよさなら、再び食器拭きを習慣化できそうな予感です(笑)

洗った後の乾きも早くて、朝食で使ったものを昼食や夕食でも問題なく使えます。

これまで一日で4〜5枚必要だった布巾が、2〜3枚で済みそうです。

正直、いくらいいと言っても、布巾なんてどれも大して変わらないだろうと思っていました。

でも、本当に大違い(笑)

びわこふきんの売りの、「洗剤なしでの食器洗い」や、手拭きとしての使用にも挑戦してみたいと思っています。

▼シンプル、ミニマルな暮らしの参考にさせていただいているブログ村テーマです; )
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルライフ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
シンプル・ミニマルライフ
シンプルで豊かな暮らし
ミニマリストになりたい
シンプル思考&暮らし
ミニマムライフ
人生はシンプルだ!
捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

▼ランキングに参加しています。あなたの清き1票を; )

▼記事を気に入っていただけたら、シェアしてくださると嬉しいです; )

▼購読はこちらから; )

いつも応援ありがとうございます: )