2018/08/07

お気に入りヘアケアグッズ|髪をとかす時間が半分に。MARKS & WEBのウッドヘアブラシ

おはようございます。aoitoriです。

お風呂上がりの重大ミッション、 髪を乾かす
この作業に30分以上かかっていたことがあります。
その時間を短く快適にしてくれた、お気に入りのヘアケアグッズをご紹介します。

MARKS & WEBウッドヘアブラシナチュラルS

髪を乾かすのに30分以上かかっていたあの頃

我が家の子どもたちは女子2人。

2人とも髪を伸ばしています。

お風呂上がりのヘアケア、赤ちゃんの頃はタオルで拭いて終わりで済みますが、髪がしっかりと増えて伸びてくると、そうもいきません。

子ども2人と自分の分と、お風呂上がりに髪を乾かすのに30分以上もかかっていた時期がありました。

しかも、特に子どもの髪は細くて油分が少ないので、絡まってしまい、簡単にとけない。

痛くないように根元を持ってとかしているのに子どもたちは「痛い痛い」とグズグズ言うし。

母にとっても子にとっても、ストレスフルな時間でした。

道具とやり方を変えるだけで劇的に楽に

2年前か、3年前、やっぱり今頃の夏の暑い時期だったと思います。

お風呂でさっぱりしたのに、髪を乾かすと言う苦行で再び汗だくになるのが本当に嫌になってしまって(苦笑)

髪を乾かすという作業について、本気で見直してみました。

見直したことのひとつめは、やり方。

それまでは、タオルで髪を拭いたら、そのまま、手櫛でとかしつつドライヤーをかけていました。

それを、髪が濡れた状態でいったんとかして、もう一度タオルで水分を拭いてから、ドライヤーをかけるようにしました。

これでドライヤーで手が火傷しそうになる問題をクリアし、ドライヤーをかける時間も短縮。

また、道具も見直しました。

それまでは櫛を使っていました。

私の髪は絡みにくいので、櫛さえあれば十分だったのです。

しかし、子どもたちの髪はとにかく絡みやすく、ときにくい。

そこで、ブラシに変更。

これがなんとも快適で。
それまでの数年間はなんだったのか、と思うくらい(苦笑)

絡まった部分もサクサクととけていく。

時間にすると、これまでの半分くらいでとけます。
しかも、痛くなりにくい。

こんなに楽になるなら、早くブラシを買えばよかった、子どもたちに申し訳なかったな、と思いました。

ブラシの新旧交代

あれからかれこれ2〜3年。

ドライヤーをかけるとき、なんだか床に見慣れない木の部品のようなものが落ちているな、と思ったら、ブラシのピンでした。

ブラシのヘッドのピンが植わっているクッション部分が劣化してヒビが入り、ピンが抜けたようです。

そこで新しいものに交代です。

やっぱり同じものをリピート。

ピンにもカエデ材を使いました。髪をやさしく解きほぐします。またクッション性がよく、地肌を傷めることなく心地よい刺激を与えます。マッサージ用としてもおすすめ。Sサイズは化粧ポーチにも入る大きさです。

奥が先代。
手前が新しいもの。

マークスアンドウェブブラシ新旧比較

全く同じものがまだあってよかった!

ボディのメープル材が日焼けしているのがわかります。

日焼け具合

ブラシのボディ自体はまだまだ使えるし、日焼けした感じも好きなので、クッション+ピンの部分だけでも販売してくれたらいいのにな〜なんて思います。

子どもたちのヘアケアに苦戦していた頃を思い出したブラシの新旧交代でした; )

▼笑顔で子育てしたい♪参考にさせていただいているブログ村テーマです; )
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
育児
子育て関係なんでもOK

▼シンプル、ミニマルな暮らしの参考にさせていただいているブログ村テーマです; )
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルライフ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
シンプル・ミニマルライフ
シンプルで豊かな暮らし
ミニマリストになりたい
シンプル思考&暮らし
ミニマムライフ
モノを少なく、シンプルに暮らしたい

▼ランキングに参加しています; )
クリックしていただくと当ブログに1票投票したことになり、ランキングが見られます。
あなたさまの応援がとても励みになります!
いつもクリックありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

▼Share&Follow

いつも応援ありがとうございます: )