2022/02/03

ボトムスのモヤモヤの原因と失敗しない服の選び方

こんにちは。aoitoriです。
先日パンツを3本手放しました。
そうなることに至った原因と、そこから考えた服の選び方についてのお話です。

ボトムスに感じていたモヤモヤの原因は

先日、昨年から引き継ぎのボトムス3本を手放したのですが、その理由は、必要な服が変わったというのがまず一つ。

更にもう一つの理由がありまして。

それは、「なんか合ってないなぁ」というモヤモヤを抱いていたからです。

で、その原因について考えてみたのですが、これでした。

靴、です。

私aoitoriが普段履く靴は、冬はクロッグ、夏はサンダル。

歩く日は、スニーカー。

雨の日はブーツで、最近スーパーへ買い物に行くときはランニングシューズが多い。

パンプスを履くのは特別な必要があるときだけ。

といった感じ。

パンプス以外で過ごす日が9割以上、なのです。

で、モヤモヤを感じていたボトムスがこちら。

両方ともゆったりシルエットでフル丈のテーパードパンツです。
もう1本の夏物もテーパードパンツでした。

遡って考えてみると、ワイドパンツなんかも、なんか違う、と思って手放したこと複数、でした。

モヤモヤの原因は、ボトムスと靴が合っていないこと、だったんですね。

靴に合わせてボトムスを選ぶ

私の場合、、がファッション要素の中で一番動かし難い部分だと思っています。
合う合わないが一番シビアだからです。

そして、数年経っても変化が少ない。

だから、靴に合わせてボトムスを選べばよかったんですね。

自分にとって一番動かし難い要素はどこか、を把握したうえで、そこから順に合うものを選んでいく、というのが、失敗しない服の選び方ではないか、と考えています。

私の場合で言うと、

靴→ボトムス→トップス→アウターや小物

ということになります。

「これは絶対に着たい」というアイテムからスタートするのもいいですね。

これまでの私は、パンプスは滅多に履かないのに、パンプスに合うボトムスばかり選んでいました。

パンプスは足の甲の部分が開いているのに対し、それ以外の私の手持ちの靴は甲の部分が覆われています。
ここが開いているかどうかで印象がガラッと変わるのに、それを無視してボトムスと靴を合わせていたので、なんか違う、とモヤモヤしていたのです。

甲が覆われた靴に合うボトムスは、

  • スキニーパンツ
  • スカート

これは間違いないでしょう。

テーパードパンツもフル丈だとモサッとしてしまいますが、足首まで出るような丈なら合いそうですね。

そんなことを念頭に、春服選びを進めていきたい今日この頃です。

ブログ村テーマ
シンプル・ミニマルライフのファッション
ミニマリストの持ち物
シンプルファッション
30代のファッションと毎日。
40代からの似合う服と小物の選び方
大人のカジュアルファッション
大人が着る無印とユニクロの服
大人のユニクロ コーデ

▼にほんブログ村のブログランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Lani Uli - にほんブログ村

▼Share&Follow

いつも応援ありがとうございます: )