2022/02/07

ミニマリストの食事作り

こんにちは。aoitoriです。
もともと決して几帳面な性格だとは思いませんが、最近、特に食事作りにおいては、ますます豪快になってきている自覚があります。笑
そんな私の食事作りのお話です。

食事作りを続ける秘訣は細かいことにこだわらないことだと思う

私aoitoriは加工食品をあまり使わずに食事を作る派です。
理由はいろいろありますが、その方が美味しいし、楽だから、というのが大きいです。

そんな我が家のある日の夕食作りの風景。

白菜をザクザク切ってフライパンに敷いて、上に焼いた鶏モモ肉とキノコを乗せたら、山盛りになってしまいました。苦笑
火が入れば量は減るので気にせず蓋をしてワインで酒蒸しに。

出来上がりはこちら。

微妙に残っていたホワイトソースも追加して、白菜と鶏肉のクリーム煮、ということにしていこう、的な料理です。

最近、こんな感じで、特に名前のない料理が増えている気がします。
「今日の夕飯何?」と聞かれて、パッと答えられません。笑

土日に1週間分の作り置きをしたり、一汁三菜にこだわっていた時期もあったけど、現在は、主食、たんぱく質、野菜、が揃っていればいいかな、と考えて、割とざっくりとした食事作りをしています。

ベースは、

  • ご飯
  • 主菜
  • サラダ
  • 具沢山味噌汁

で、洋食だったら味噌汁がスープに変わったり、主菜に野菜がたくさん入っていたらサラダじゃなくて塩もみ程度にしたり、といったところです。

料理にこだわっていた頃は、作るのがめんどくさくなって外食だったり、買ってきたお惣菜にしたり、ということもあったのですが、最近はそれよりも作ってしまった方が早いわ、と、そういう機会もほぼなくなりました。

食材を買っておくという準備は必要ですが、そこまでできたら、あとは煮るだけ、焼くだけ、といったシンプルな料理でOKと考えるのが、食事作りを気持ちよく継続するための秘訣かな、と思っています。

道具は使いやすいものを

それと、もう一つの秘訣的なものが、使いやすい道具を選ぶ、ということです。

些細な使いにくさだったとしても、毎日のことだと、気付かぬうちに精神的な負担になって、あー今日はいいか、となってしまうことも。

逆に、少し背伸びをしてでも使いやすいものを用意しておくと、料理が楽しくなります。

調理器具って滅多に壊れないので、一度購入すると長いおつきあいになりますしね。

ちなみに、冒頭の写真のフライパンは、鉄製のもので9年前に購入したものでした。

テフロン加工のフライパンを何度も買い替えて、その度にテフロンが剥がれてきた頃のどうしようもなさ(いくら予熱をしても油を多めに引いても食材がくっつく、剥がれない)に嫌気が差し、お手入れやくっついてしまうのではないか、という不安を抱きつつも購入を決めたものです。

我が家における食事作りにかかる労力のピークは今から今後10年くらいかなと思いますが、約10年前にしておいた試行錯誤やチャレンジが身を助けてくれているな、と感じます。

長いこと使う調理器具だからこそ、早いうちに自分に合ったいいものと巡り合えるといいですね。

我が家のフライパンは、鉄製のエンボス加工で、柄が短くて鉄製なのですが、同じものはもう販売されていない様子。
買い換えることになったらどうしよう。。。

お買い物マラソン開催中↓

ブログ村テーマ
ミニマリストの持ち物
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ミニマリストな生活 & シンプルライフ
シンプル・ミニマルライフ
モノを少なく、シンプルに暮らしたい
お買い物マラソン☆欲しいもの
お買い物マラソン!スーパーSALE!
楽天マラソン対策はこれ♪
楽天買いまわりのオススメはコレ♪

▼にほんブログ村のブログランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Lani Uli - にほんブログ村

▼Share&Follow

いつも応援ありがとうございます: )