2022/03/17

迷走した冬服。ユニクロにて決着

こんにちは。aoitoriです。
暖かい日が続き、気分はすっかり春ですが、冬服のお話です。
主に来年の自分へ向けて。笑

「洗濯機で洗える」はやっぱりラク

冬ももう少しで終わり、というタイミングで、トップスを追加しました。

スウェットはどうしても部屋着感が出てしまうのと、洗濯したときに乾きにくいのがネックで購入をためらっていました。

しかし、こちらは、生地感のクリーンさと、配合的に洗濯後の乾燥もそれほど悪くはなさそうな点が決め手となり、購入に至りました。

昨年までは冬のトップスはウールのニットが主体でしたが、今年はフリース主体。

昨年までも、洗濯についてそれほど苦に感じていたわけではないのですが、やっぱり他のものと洗濯機で一緒に洗濯できてしまうのは楽ちんでした。

そこで、この時期にもう一点、洗濯機で洗えるトップスを追加した次第です。

フリースと違って、寒い間はインナーを厚手のものにして、暖かくなってきたらインナーを薄いものにすれば春先まで着ることができそうです。

ボトムスは迷走に迷走を重ね・・・

ボトムスも同じタイミングで一点追加しました。

昨年までのものを手放し裏フリースのものを購入したまではよかったのですが、お腹周りの余裕(爆)を優先したところ、シルエットが思ったよりもストレートで、もさっとした感じになってしまい・・・

今年はもういいや、と諦めかけたタイミングで、前から気になっていたものを試着したところ、シルエットが好みすぎて、即購入に至りました。

生地は私が真冬に求めるものよりは薄いですが、肌との間に空気の層ができるせいか、意外と暖かく。
こちらも春先まで着ることができそうです。

一番寒い時期は2ヶ月だけ、と心得る

私の場合、服選びの最優先事項は、気候に適したものであること、です。

そうすると、一番難しいのが、冬服選び。

冬の一番条件が厳しい時を基準に冬服を選んでいます。
例えば、1月中旬の北風が吹き荒れる夜に自転車で30分移動できるか、とか、そんなことを基準に。

しかし、本当に寒いのは、私の暮らす地域の場合、1月、2月の2ヶ月だけ。

11月終わりから12月は冬の始まりではありますが、最高クラスの装備でなくても寒さを気にせずにいられるし、3月に入ってしまえば、寒さも緩み、やはりそこまでの装備はいりません。

そこで、来年以降は、全ての冬服で最高クラスの防寒性能を備えていなくてもいいんじゃないか、と。
トップスに関してはインナーを工夫したり、ボトムスに関してはその間だけ分厚いものにしたりして、一番寒い季節を凌げればいい、という作戦で行こうと思っています。

気づけば1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

▼にほんブログ村のブログランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

▼Share&Follow

いつも応援ありがとうございます: )